セルライトができないための予防をしよう

セルライトの予防

メジャー

しょうが

体を温めることで有名な食材と言えば「しょうが」です。しょうがを熱することでジンゲロンを呼ばれる成分が出てきます。ジンゲロンこそ脂肪を燃焼させる効果があるので、冷え性の改善にも効果があると言われています。

えのき

えのきにはキノコキトサンと呼ばれる成分が含まれています。キノコキトサンは脂肪の吸収をおさえる働きをしてくれるだけでなく、内臓脂肪を分解する効果もあります。そのため、老廃物が溜まりにくい体内環境を作ることができるでしょう。

ゴーヤ

ゴーヤには共役リノール酸が含まれています。共役リノールには脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があり、蓄積された脂肪の分解能力にも優れていると言われています。ゴーヤが苦手な人は、ゴーヤ茶などを摂取するといいでしょう。

大切なこと

一度できてしまったセルライトを取り除くのは大変ですし、時間もかかってしまいます。そのため、セルライトができない体を作ることが大切でしょう。セルライトができないように予防を行なうことで、健康維持や美容効果にも繋がります。

広告募集中